電気設備工事店でLEDを設置【住宅照らす柔らかライト】

部屋

寿命が長い

男の人

普段使っている普通の電灯というのは、白熱灯なら1000~2000時間、蛍光灯なら6000~12000時間と言われています。こうして数字でみると何だか長いような気がしますが、その寿命はある日突然来て、パタッと唐突に切れてしまうのが特徴ですよね。事前にチカチカしだしたりはしますが、それでもぷつんと切れてしまうわけです。しかし一方でLEDの寿命は4万~6万時間とされていて、非常に長いのが良くわかると思います。逆に長すぎてどれくらい持つのかイメージがつかないくらいですよね。大体一日に10時間ほど点灯させていたとして、4万時間ならそれで最低でも10年は交換が必要にならない計算になります。ここ10年間で何度も色んな場所の電灯を交換してきたという人にとっては、交換が必要ないというのはかなりうれしいことではないでしょうか。これだけ寿命が長いというのは、そのままコスパの良さにもつながりますから、電気工事の費用などを差し引いても元は取れるというわけです。特に電灯の交換がしにくい狭い場所や高い場所にはもってこいとも言えますから、そういった場所での電灯の使用が多ければ多いほど、検討してみる価値はあるといえるでしょう。

電気設備工事店に電球交換を依頼すれば、理想とする電球を提供してくれます。自分で設置することもできますが、初心者の方では分からないほどの専門知識を有しているので、住宅ライフを快適にしてくれる電球を選んでくれるので利用を検討してみましょう。